専門クリニックのご案内

Information on a professional clinic

■糖尿病クリニック

糖尿病教育入院・管理栄養士による栄養指導も行います。
【担当医師】山元聖明(診察日)毎週月曜曜日:午前※予約制
<糖尿病の症状>
○異常なのどの渇き、水をよく飲む
○尿量が多い、夜中何度もトイレに行く
○疲れやすい、体がだるい
○食べても食べてもやせる
☆このような自覚症状のある方は特に要注意です。
糖尿病は無症状の場合が多々あります。定期的な検診や人間ドックによる健康チェックをお勧めします。
また、糖尿病は色んな合併症にもつながります。代表的な生活習慣病であり、食事と運動の両面から改善して予防しましょう。

■循環器科クリニック

狭心症・心不全・不整脈などの治療や相談
【担当医師】巴山透(診察日)毎週月・水曜日:午前・午後 金曜日:午前
【担当医師】前田雅人(診察日)毎週土曜日:午前※予約制
【担当医師】小田代敬太(診察日)月1回土曜日:午後※予約制
動悸や息切れ、冷や汗、胸の痛みを感じたら、まず受診してください。一般的に狭心症の90%は問診で判断できると言われます。他にも不整脈、心不全、弁膜症など様々な循環器疾患があります。心電図・心エコー・24時間ホルター心電計などによる検査を行い、適切な診断と治療が必要です。
また、健診や人間ドックでコレステロール値や中性脂肪値が高いと言われた方は、動脈硬化症の可能性があります。動脈硬化は狭心症、心筋梗塞、動脈瘤など様々な病気を誘引いたします。動脈硬化検査装置(フォルム)や頚動脈エコー装置による検査ができますので、生活習慣病予防の面からも、外来受診をお勧めします。
☆「人間ドック・検査」にも説明がありますのでご覧ください。

■消化器科クリニック

内視鏡下治療(胃・大腸ポリープ切除術・食道静脈瘤硬化療法)など
【担当医師】徳重正弘(診察日)月~土曜日(火曜日:午後 木曜:午後除く)
【担当医師】税所篤郎(診察日)火曜日:午後 金曜日:午後
 注)内視鏡検査(カメラ検査)は、事前に予約が必要です
お腹や胃が痛い、胸やけがする、のどが詰まる、食欲が無い、お腹が張る、便秘が続く、便に血が混ざっていた等、様々な軽微な症状が日常生活では多々起こりますが、ついつい市販薬の服用で済ましたり、そのままにしがちです。
しかし、それらの症状には悪性腫瘍などの怖い病気が隠れている危険性があります。
内視鏡検査(胃・大腸)や腹部エコー、CT検査などの精密検査をして、早期発見・早期治療が重要なポイントです。また、定期的な健診・人間ドックを特にお勧めします。
☆「人間ドック・検査」にも説明がありますのでご覧ください。

■乳腺クリニック

【担当医師】河野史代(診察日)月1回:昼前後
注)事前に診察日の確認と予約をお願いします。
乳がんは乳腺(乳管・腺房)に発生する悪性腫瘍で、全身に広がる可能性の高い病気です。初期の自覚症状がほとんど無く、残念ながら増加傾向にある病気です。
一般的に乳がんリスクの高いと言われる人は、次のような方々です。
○40歳以上の人
○出産未経験、初産年齢30歳以上の人
○閉経年齢が55歳以降の人
○標準体重の+20%以上太っている人
○良性乳腺症になったことがある人
○乳がんになったことがある人
○家族に乳がんになった方がいる人
早期発見・早期治療が重要です。触診、超音波検査、マンモグラフィー検査、CT検査などの検査方法があります。

■泌尿器科(平成21年4月新設)

【担当医師】小田代昌幸(診察日)外来診察日のご案内をご覧ください。
【担当医師】萱島恒喜(診察日)毎週火曜日:午前・午後 木曜日:午後
注)検査によっては事前に予約が必要となりますので、電話にてお問い合わせください。
頻尿等でお悩みの方、前立腺や結石等のご不安があられる方など、早期に対処することで、将来の不安も軽減できます。とくに前立腺肥大は加齢にしたがい増加すると推測できる男性の病気です。
腎臓病は早期に対処することが大事で、腎不全による血液透析が必要になる危険性があります。血尿が出たらまず受診をお薦めします。
検査方法は超音波検査・尿検査・電子内視鏡検査などがあります。
泌尿器の病気について、お悩みやご不安がございましたら、ぜひお声をおかけください。